お取り扱いブランド

ボーリュー・ヴィンヤード

1900年に創設されたボーリュー・ヴィンヤードはナパ・ヴァレーの中でも長い歴史のあるワイナリーの一つであり、ナパ・ヴァレーのワイン造りにおいて品質と革新の指標となっています。今日、ボーリュー・ヴィンヤードは、カリフォルニアのワイナリー史上でも、ユニークな位置付けにあり、最も収集されるアメリカのカベルネの一つとされています。

ワインボトル

ボーリュー・ヴィンヤード

1900年に創設されたボーリュー・ヴィンヤードはナパ・ヴァレーの中でも長い歴史のあるワイナリーの一つであり、ナパ・ヴァレーのワイン造りにおいて品質と革新の指標となっています。今日、ボーリュー・ヴィンヤードは、カリフォルニアのワイナリー史上でも、ユニークな位置付けにあり、最も収集されるアメリカのカベルネの一つとされています。

創設

1900年

生産地

アメリカ合衆国 ナパ・ヴァレー

ワインメーカー

ジェフリー・スタンバー、ドメニカ・トッティ、マーティ・スペイト

葡萄品種

カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、メルロー、ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリジオ

詳細はこちらから

1900年に創設されたボーリュー・ヴィンヤードはナパ・ヴァレーの中でも長い歴史のあるワイナリーの一つであり、ナパ・ヴァレーのワイン造りにおいて品質と革新の指標となっています。今日、ボーリュー・ヴィンヤードは、カリフォルニアのワイナリー史上でも、ユニークな位置付けにあり、最も収集されるアメリカのカベルネの一つとされています。

ワインボトル

1900年、ジョージ・デ・ラトゥールの妻フェルナンデが、後に最初のラザフォード・ヴィンヤードとなる土地に目を着眼し、「美しい場所」を意味するボーリューと名づけました。

間もなく、デ・ラトゥールは、牧場を購入し、彼の故郷フランスと肩を並べるナパ・ヴァレー・ワインを造るというヴィジョンを掲げ、ボーリュー・ヴィンヤードを創設しました。 デ・ラトゥールは、フィロキセラ菌に強い接木を輸入し、カリフォルニアワイン業界の再建に尽力したことと、カトリック教会と関係を構築し禁酒法時代のボーリュー・ヴィンヤードの事業を維持したことにより、認知度を高めました。

禁酒法廃止後、デ・ラトゥールは、著名な栽培家・醸造家アンドレ・チェリチェフをワイナリーに迎え入れ、チェリチェフが畑とワイナリーにおける継続的革新の哲学の礎を築き、この哲学は現在でも大切にされています。チェリチェフは、ボーリュー・ヴィンヤードの初のワイン、ジョージ・デ・ラトゥール・プライヴェート・リザーヴのワインを造るという使命がありました。1936年ヴィンテージのカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインは秀逸な出来であったため、チェリチェフはワイナリーのフラグシップワインとしてボトリングすべきであると主張し、ナパ初のカベルネ主体のカルトワインと評されています。

現在、ボーリュー・ヴィンヤードは革新的な最新技術と長年培った伝統を組み合わせ、卓越したナパ・ヴァレーのカベルネのワインを造っていまっす。

Top