お取り扱いブランド

セント・ヒューバート

セント・ヒューバートは、ヴィクトリアのヤラ・ヴァレーの歴史において重要な役割を果たしています。1862年にワインメーキングの先駆者であるヒューバート・デ・カステラが創設し、1966年に再設され、セント・ヒューバート・エステートの畑はヤラの上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを生産するヴィンヤードの一つです。

ワインボトル

セント・ヒューバート

セント・ヒューバートは、ヴィクトリアのヤラ・ヴァレーの歴史において重要な役割を果たしています。1862年にワインメーキングの先駆者であるヒューバート・デ・カステラが創設し、1966年に再設され、セント・ヒューバート・エステートの畑はヤラの上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを生産するヴィンヤードの一つです。

創設

1966年

生産地

オーストラリア ヤラ・ヴァレー

ワインメーカー

グレッグ・ジャラット

葡萄品種

カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、シャルドネ、ルーサンヌ、ヴィオニエ、

詳細はこちらから

セント・ヒューバートは、ヴィクトリアのヤラ・ヴァレーの歴史において重要な役割を果たしています。1862年にワインメーキングの先駆者であるヒューバート・デ・カステラが創設し、1966年に再設され、セント・ヒューバート・エステートの畑はヤラの上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを生産するヴィンヤードの一つです。

ワインボトル

セント・ヒューバートは、ヴィクトリアのヤラ・ヴァレーの歴史において重要な役割を果たしています。1862年にワインメーキングの先駆者であるヒューバート・デ・カステラが創設し、1966年に再設され、セント・ヒューバート・エステートの畑はヤラの上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを生産するヴィンヤードの一つです。

ヒューバート・デ・カステラは、セント・ヒューバートを自身の名前に因んでいるのではなく、狩の守護聖人「聖ヒューバート」を由来としており、聖人と雄鹿が現在のセント・ヒューバートのロゴとなっています。

1800年代後半、セント・ヒューバートは植民地時代の偉大なワイナリーの一つです。

1930年代の大恐慌時代、ヤラ・ヴァレーの葡萄畑は輝きを取り戻しました。

1966年、セント・ヒューバートは、トム・セスターによって再設され、ヤラ・ヴァレーがワイン生産地として活気を取り戻した時に再植樹されました。

セント・ヒューバートの世界で称賛を受けたワインを造る伝統は現在のチーフワインメーカーグレッグ・ジャラットにも引き継がれており、熟成ポテンシャルの高く素晴らしいカベルネ・ソーヴィニヨン、模範的なピノ・ノワールとシャルドネは複雑で柔らか、熟した果実味を持つことで知られております。リリースに限りがあるルーサンヌも探求する価値があります。

Top