『ウルフ・ブラス』 ワインの輸入販売を4月3日より開始

『ウルフ・ブラス』 ワインの輸入販売を4月3日より開始

グローバルに展開するワイン会社、トレジャリー・ワイン・エステーツ(日本支社所在地:東京都港区、以下TWE)は、これまでに9,200以上のメダルおよびトロフィーを受賞してきた国際的なワインブランドである「ウルフ・ブラス」(所在地:オーストラリア、バロッサ・ヴァレー)のワインの直輸入販売を、本年4月3日より開始致します*¹。この度、同社が取り扱いを開始するワインは、ウルフ・ブラスの「レッド・ラベル」、「イエロー・ラベル」、「ゴールド・ラベル」、「グレー・ラベル」、「ブラック・ラベル」、「プラチナ・ラベル」で、「イーグルホーク」と「ビルヤラ」シリーズについては、引き続き、三菱食品株式会社を通じて輸入・販売いたします。
*¹「ゴールド・ラベル」および「プラチナ・ラベル」は、2017年10月発売予定です。
「世界でも高い受賞歴を誇るウルフ・ブラスのワインは、年間4百万ケースの売上を記録しており、既にグローバルブランドとして高い実績を残しています。南オーストラリアの名醸地で育てた高品質のブドウを使用し、幅広い価格帯のワインを生産しているウルフ・ブラスは、日本市場においても消費者のニーズに応えることのできる、成功を約束されたブランドであると我々は確信しています。また、このほど本社より発表となった当社の上期の業績(2016年7月~12月)によると、アジア地区では数量ベースで前年比139% 累計170万ケース、EBITS(支払金利前税引前利益)ベースで前年比175% を達成しました。既に輸入販売を開始しているオーストラリア、ニュージーランド、アメリカのワインに続き、この新たな輸入販売戦略によって、アジアの中で2番目に大きいワイン市場である日本において、より多くの皆様に当社の有するワインを味わっていただけるよう、販売網およびマーケティングを強化してまいります」(TWE 日本支社長 トラヴィス・ブラウンのコメント)
TWEでは、新たなマーケット戦略の一環として、本年1月10日より、オーストラリアおよびニュージーランドブランドのプレミアムワインの直輸入販売を開始すると共に、今月20日からは、「ボーリュー・ヴィンヤード」および「スターリング・ヴィンヤード」など、カリフォルニアのプレミアムワインの販売を開始いたしました。流通業界のお客様からもご好評を頂いて
いるこれらのラインナップに、「ウルフ・ブラス」のシリーズを加えることにより、更なる販売網の強化を促進していく予定です。なお、ウルフ・ブラスのワインのご注文はすでに受付を開始しており、販売は、4月3日より、ワイン小売店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、料飲店、eコマースチャネルを通して開始する予定です。
当社が、本年4月3日より販売を開始する「ウルフ・ブラス」のコレクションは、以下の通りです。(一部は10月発売予定)
【ウルフ・ブラス】
レッド・ラベル、イエロー・ラベル、ゴールド・ラベル、グレー・ラベル、ブラック・ラベル、プラチナ・ラベル
【画像キャプション】
左からレッド・ラベル(Cabernet Merlot)、イエロー・ラベル(Chardonnay)、ゴールド・ラベル(Sparking Pinot Noir Chardonnay)、グレー・ラベル(Cabernet Shiraz)、ブラック・ラベル(Cabernet Shiraz Malbec)、プラチナ・ラベル(Barossa Valley Shiraz)
※画像は今回発売する商品アイテムの一部となります。
※「ゴールド・ラベル」および「プラチナ・ラベル」は、2017年10月発売予定です。
尚、詳細につきましては、TWEウェブサイトをご覧ください。
URL: http://www.twejapan.com
ワインのお問い合わせについて:
メール(Infojapan@tweglobal.com)もしくはお電話(03-5777-0595)にてお問い合わせください。
ウルフ・ブラスについて:
ウルフ・ブラスは、1966年、オーストラリアのバロッサ・ヴァレーで設立され、当初は質素なブリキ製の倉庫からスタートしました。それから現在に至るまで、上質で個性的なワイン造りを追求し、世界で最も成功し賞を受けたワインブランドの一つと認識されるに至りました。ウルフ・ブラスワインの本質は、確かな品質と性質を持つ一貫性のあるワインを生産するために努力を惜しまなかった、過去と現在の管理者の情熱によって支えられてきました。今日、ウルフ・ブラスは、9,200以上のメダル、トロフィーを獲得した国際的にも評価の高いワインブランドとして知られています。
Top